【怖い話】知らない番号からの電話 / 禁じられた滑り台

033horror0523_TP_V
 
 


知らない番号からの電話


私が初めて自分の携帯電話を持ったのは、中学2年生の時です。
それからずっと十数年程、携帯番号は変わらずにいたのですが、つい先日とても恐ろしい事があったので番号を変えてしまいました。

その出来事は夜中1時過ぎに起きました。
まだ眠くなかった私は布団に潜り込みながら、携帯をいじっていたんです。
すると突然電話帳に登録していない、知らない番号から電話がかかってきました。
普段なら登録していない番号、しかもこんな夜中の電話は怪しんで取る事はないのですが、つい手が滑り電話を取ってしまいました。

すぐに切ろうと操作しようとした瞬間、電話の向こうで誰かの声が聞こえました。
結構大きな声で話しているようで、携帯を耳に当てなくても聞こえます。
「…に、…と…に、」

恐らく女性だと思いますが、甲高い声で何かを話しているようです。
もしかしたら間違い電話かもしれない、知人が番号を変えて何か訳があってかけてきたのかも、と思ってもっとよく聞こうと携帯を耳に近づけました。
すると不思議な事にブツンッと向こうから電話を切られたのでした。
何だったんだろうと思いましたが、その日はあまり気にせず眠りにつきました。

しかし翌日から、毎回同じ時間に同じあの番号から電話がかかってくるようになったんです。

2回目の着信時はすぐに取ってこちらから「もしもし、誰?」と問いかけました。
でも相手の声は大きいはずなのに言葉が不明瞭でどうしても何を話したいのか聞き取れなかったんです。
5~6回電話を取りましたがいつもこんな様子なので、悪戯電話だと思って次からは着信できないように着信拒否設定にしました。
すると驚いた事に別の番号から電話がかかってきたんです。

その状態が2週間程続いたでしょうか、何度着信拒否しても番号を変えてかけてくる電話に、次第にイライラしてきました。
だから電話がかかってきた時に、つい大声で「もう止めて!しつこい!」と叫んだのです。
そうしたら向こうから電話を切る音が聞こえました。

ああ、これでもうかかってこないといいなと思った次の瞬間、また電話がかかってきてしかもボタンを何も押していないのに電話が繋がったのです。

え!どういう事?と思考が停止していると勝手にスピーカーフォンに変わり、向こうの音が聞こえてきました。

「…に、…と…に、…って」

あの時のように何か話しています。

「い…に、わた…と…いっしょ…って…」

段々と話す言葉がはっきりと聞こえてきました。

「一緒に死ぬって言ったのに私と一緒に死ぬって言ったのに嘘つき嘘つきお前もこっちにこい連れてってやるお前の所に行くぞ逃がさな」

ガシャン!
怖くなった私は携帯を床に放り投げました。
当たり所が悪かったのか携帯の画面は割れて、でもそのおかげか通話は切れていたので携帯をそのままにして夜通し起きて、朝になったらすぐ携帯ショップへ行って機種変更と番号変更をしました。

あれ以来あの恐ろしい電話はかかってきません。
でももしも次にまたかかってきたら…私は今度こそあちらに連れて行かれるのかもしれません…。





禁じられた滑り台


小学校低学年の頃の話です。
その頃の私はいわゆる鍵っ子で、家に帰っても誰もいない寂しさから、いつも夕方遅くなるまで学校に居残って遊んでいました。

たいていは友達といっしょに運動場でボール遊びをしたりしていました。
それでも4時半くらいを過ぎると友達はみんな帰ってしまいます。
運動場に誰もいなくなると、私は遊具を一通り遊んでから帰ることにしていました。

鉄棒、ブランコ、うんてい、のぼり棒。そして最後がすべり台でした。
そのすべり台はちょっと変わった形をしていました。
ハシゴを上りきったところからV字に分かれて、すべり台が2本ついていたのです。まるで鼻が2本あるゾウのようにです。
2人の子供が同時にすべるように作られたはずですが、実際にすべることができたのは、左のすべり台だけでした。
右のすべり台はベニヤ板でふさがれ
「たちいりきんし」
の紙が貼られていました。

先生の話によると
「すべり台にトゲがあって、ケガをした子がいるから」
とのことです。

けれど「してはいけない」といわれると、やってみたくなるのが子供です。
夕暮れ時、みんな家に帰ってしまって、運動場には私ひとり。
今なら誰も見ていません。
私は好奇心をおさえられませんでした。
ドキドキしながらベニヤ板をのり越え、「たちいりきんし」のすべり台をすべっていきました。

すべり台ですから一瞬で下に着くはずです。
なのに、なんだかいつもより長いような気がしました。

「あれ?」
と違和感を感じた次の瞬間、すべり台の脇から、大きな赤い顔がでてきて
「ぐあああああ!」
ものすごい声をあげて襲いかかってきたのです。

何が起こったのか、正直ワケがわかりませんでした。
ただとにかくびっくりして、地面に着くと走ってすべり台から離れました。

赤い顔はすべり台の脇にいて、ちょうど大人の顔の高さにありました。
だけど大人の顔よりずっと大きくて、人間の顔ではありませんでした。
赤くて大きい、今思えば獅子舞の獅子のようなナマハゲのような…とにかく鬼のお面のような、そんな感じだったと思います。

誰かが私をびっくりさせようとして、オバケのお面をかぶって出てきたのかと思って足元を見てみました。
だけどどうみても、その赤い首の化け物は宙にふわふわ浮いていました。
そして次の瞬間、その化け物は私を追ってきました。ふわふわ浮かんで上から追ってくるのです。

私は怖くて走って逃げました。
後ろからは
「ぐあぐあ」
という声が聞こえてきます。

「先生!先生!」
と呼びながら校舎にむかって走り、職員室に助けを求めようとしました。
ところが不思議なことに校舎には鍵がかかっていて、入ることもできません。校門も閉まっていました。
校舎をぐるっと逃げ回る間も、ぐあぐあ言う化け物はゆっくりですが、確実に私を追ってきます。
赤い口はばくばく開いて、よだれをたらしています。

私は泣きわめいているのに誰も助けてくれません。というか、私とその化け物以外に人の気配がないのです。
そして校舎に入ることも校外に出ることもできません。
どうしようもない事態に、私はこのまま化け物に食べられてしまうんだ…と考え始めました。

走って走って、汗と涙でぐちょぐちょになりながら、私はもとの運動場に帰ってきました。
そして、あのすべり台に上りました。
なんとなくですが、またそのすべり台をすべれば元に戻るのかと思い、さっきとは逆の、左側のすべり台をすべり落ちました。
立ち入り禁止じゃないほうのすべり台です。

すべり台をおりると、何かが変わった気がしました。
重苦しい空気に流れが出たというか…不思議な感じがしました。

振り返ると、赤い化け物はいなくなっていました。
校舎にはちゃんと入れて、職員室には先生もいて、校門も開いていました。

そしてその後、さらに不思議な事が起こりました。
なんと2つついていたはずのすべり台が、1つになっていたのです。

私は友人にも先生にも「あのすべり台って2つあったよね?」と確認したのですが、皆口を揃えて最初から1つだったと言うのです。
確かに誰がどう見ても、すべり台は一つしかすべり落ちる所がありません。
ですが、私の記憶では間違いなく2つありましたし、友人と遊んで「たちいりきんし」の紙や板も確認した記憶があります。
先生もそのすべり台のたいちりきんしについて、説明していました。
そして何より、あの赤い顔との恐怖体験は、今でも鮮明に記憶しています。
なのに私以外、誰もすべり台が2つあったことを知らないのです…。

この記憶や体験が何だったのか今でもわかりませんし、自分の思い違いだったと深く考えないようにしています。
ですがこれが私の幼い頃の一番怖い思い出です。